アクセスカウンタ

zoom RSS イビチャ・オシム監督、意識回復の兆し 面会家族に「少し反応」

<<   作成日時 : 2007/11/27 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本サッカー協会の田嶋幸三専務理事は27日、脳梗塞(こうそく)で入院している日本代表のイビチャ・オシム監督(66)が26日夜から「意識が回復しつつある」と、家族から連絡が入ったことを明らかにした。

 田嶋専務理事によると、家族は同日夜にオシム監督と面会した。詳しい状況は不明としながらも「少し反応した。コミュニケーションが取れたということ。話ができたとは聞いていない」と説明した。

 オシム監督の意識が回復しつつあるとの情報は出身地であるボスニア・ヘルツェゴビナや、自宅のあるオーストリアの親せき、友人らにも伝えられたそうで、家族は喜びを分かち合ったという。

 オシム監督は16日未明に千葉県浦安市内の自宅で倒れ、同市内の病院に搬送された。

サンスポ
http://www.sanspo.com/sokuho/071127/sokuho031.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イビチャ・オシム監督、意識回復の兆し 面会家族に「少し反応」 芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる